カードローン金利

カードローン金利

カードローン金利の見極め方

カードローンは消費者金融カードローン、クレジット・信販カードローン、銀行カードローン、信用金庫カードローンなど多くの種類がありますが、低金利で借りるならば、自分が借りたい限度額での借入金利がいくらなのか?これを見極めることが非常に重要となってきます。

カードローンの金利には、下限金利と上限金利があります。

下限金利

上限金利

カードローンで適用できる最も低い金利

カードローンで適用できる最も高い金利

カードローン金利を見極めるにはまず上限金利に注目して見ることが大切です。上限金利とは、そのカードローンで最も高く設定できる金利となっていることから、この上限金利が低ければ低いほど、実際に借りた時、低金利になる可能性が高いと言えるのです。

カードローンの種類による上限金利の目安
消費者金融 上限金利は約17%〜18%
クレジット・信販 上限金利は約15%〜18%
銀行カードローン 上限金利は約13%〜15%

上記は、カードローンの種類ごとの上限金利の目安です。あくまで目安の為、確実ではありません。一般的に上限金利が高いのは、消費者金融・クレジット・信販のカードローンです。

 

特に消費者金融は、ほとんどが上限金利18%近い設定となっているので、50万円以下の借入であれば、ほぼ間違いなく上限金利が適用されます。クレジット・信販のカードローンも上限金利は高いですが、中には銀行カードローンよりも低金利のローンも存在しており、一概にクレジット・信販は金利が高いとは言えません。

 

上限金利が最も低いのは、銀行カードローンです。銀行カードローンの多くは上限金利15%以下となっている場合があり、そして限度額ごとに金利が決められているので、希望の限度額を借りた場合、いくらの金利設定になるのか、銀行カードローンであれば予め確認することができるのです。

金利重視で選ぶなら銀行カードローンがおすすめ!

金利重視で選ぶのであれば、まずは銀行カードローンに絞って選ぶことをおすすめします。これはあくまで「金利を最重要視」した場合です。

 

銀行カードローンは確かに低金利となっていますが、審査スピードや即日融資に関しては、消費者金融の方が数段と上です。その為、当日に借りたい人や、借入を急いでいる人であれば、金利は高くなっても、銀行カードローンより消費者金融カードローンへ申込みする方が正解なのです。

カードローンは金利・スピード・利便性から選ぶこと

いくら低金利だとしても、現金が必要なときに借りることができなければ、無意味です。カードローンの選考基準は人それぞれによって違います。金利が低いカードローンなのか、即日融資可能なカードローンなのか、コンビニから借入・返済がいつでも可能な利便性の高いカードローンなのか。

 

もちろん、全てを兼ね備えたカードローンがあれば一番良いのですが、残念ながら、今現在、全てを網羅しているカードローンは存在しません。その点も考慮して、自分が優先している事項をクリアしているカードローンを選ぶことが非常に重要なのです。カードローン比較サイトなどを有効に使うのもポイントです。

カードローン別の特徴・メリット
消費者金融 審査時間が早い!最短30分で正式審査結果回答は消費者金融の大きな特徴です。そして申込みしたその日に融資する即日融資も消費者金融であれば可能!自分名義の銀行口座へ申込み当日に振込融資できます。
クレジット・信販 審査時間は消費者金融に比べ遅くなる傾向があるが、銀行カードローンと比べれば全然早い。クレジット・信販で即日融資をしているところは、あまり無いが、低金利なカードローンも多くある。
銀行カードローン 金利は最も低いが、審査時間・融資スピードは遅い部分がある。長ければ審査に2週間、融資までに3週間かかる銀行カードローンもあります。中には即日審査・即日融資も可能な銀行もあるのでよく調べる必要有!

ホーム RSS購読 サイトマップ