カードローン即日融資

カードローン即日融資を受ける為には、いくつかの条件があります。即日融資とは、申込みしたその日に融資をすることを指しますが、すべてのカードローンが即日融資可能な訳では無いことから、適当に申込みしても当日に借りることはできないのです。

 

このページでは、即日融資可能なおすすめカードローンのご紹介と、即日融資を受ける為の方法を説明します。

即日融資を受ける為の方法と注意点

まずは即日融資が可能なカードローンを探す事!

即日融資可能を探す!

最初にすることは、即日融資可能なカードローンを探すことです。カードローンはすべてが即日融資できると思っている人がけっこう多いですが、それは間違いです。

 

カードローンでも審査に数日かかったり、振込融資をしていないところは、カードが届いてからしか借入ができない場合などは多くあります。金利はあまり気にしないから、即日融資ができるところ!と考えている人ならば、消費者金融が間違いありません。

 

消費者金融は全てと言って良いほど、即日融資に対応しています。反対に銀行カードローンでは即日融資に対応している会社は少なく、特に即日振込融資となれば、実際にはレイクぐらいしか、即日振込融資は対応できていないのが現実なのです。

申込みは前日か遅くても午前中には済ませる事!

申込みは午前中に済ませる!

即日融資可能なカードローンを見つけたのならば、次は申込みになりますが、融資を受けたい日の前日夕方〜夜、遅くても当日の午前中には申込みしておかなければなりません。

 

カードローンの申込みはインターネットであれば24時間受け付けしているところがほとんどです。審査も申込み順にしている為、できるだけ早く申込みすることが早く借りれるポイントになります。

 

ましてや即日融資を希望するのであれば、当日の午後に申込みしても、銀行の振込時間がある為、即日振込融資はできません。午後に申込みして当日に借りる方法は、消費者金融なら、直接店舗へ来店するか、無人店へ行くことで即日融資は可能となりますが、来店ができないならば、午後に申込みしても遅いのです!

 

即日融資なら消費者金融がおすすめですが、大手消費者金融の即日振込融資条件は下記のとおりです。

大手消費者金融の即日振込融資条件
アコム 平日14時までにアコムへ本人確認書類をFAXして、アコムが確認した場合、即日振込融資が可能。
プロミス 平日14時までにWEB契約完了で即日振込融資が可能。
モビット 平日14:50までに振込手続き完了で即日融資可能。審査によっては不可の場合も有り。
ノーローン

※審査結果が以下の時刻までにお伝えできた場合、即日振込可能。
■楽天銀行口座をお持ちの方 ⇒ 平日17:00まで!
■楽天銀行口座をお持ちでないお客さま ⇒ 平日12:30まで

カードローン会社からの連絡はすぐ取れるようにする

連絡はすぐとれるように!

カードローンの審査では、申込み内容の不備や質問があった場合、携帯電話へ連絡やメールなどが入る場合があります。審査結果前に連絡があるということは、何かしら確認したいことがあるので、その連絡がつかなければ審査結果が出ない恐れがあります。

 

審査結果が出なければ、当然即日融資などできませんので、カードローン会社からの電話やメールはこまめにチェックし、もし連絡があった場合はすぐに出れるようにしましょう。

在籍確認はスムーズに取れるようにしておく

在籍確認

カードローン審査の最終段階は在籍確認になります。在籍確認とは、会社や自宅へ審査担当者が電話をして、本当に働いているのか、住んでいるのか確認することです。

 

在籍確認は最終的な審査になりますが、在籍が取れなければ融資不可になるケースもあることから、非常に重要な審査となります。勤務先へ在籍確認で電話をしても、はっきりと働いているか確認できない場合(大会社で部署等が分からずに確認できないなど)は、審査結果は在籍が確認できた後しか出ないこともあります。

 

即日融資は時間が決まっていますので、在籍未確認の状態では即日振込融資は難しくなってしまいますので、在籍確認をスムーズに取れるようにしておくことが即日融資の絶対条件とも言えるのです。

カードローン即日融資記事一覧

即日融資にこだわりすぎると、金利が高いカードローンに申込みしがちになります。それは、当日にどうしても融資を受けたい事が優先的になってしまう為、金利は二の次になってしまうからです。確かに、お金は必要なときに手元になければ役に立ちません。そのことから、即日(当日)に借りられる消費者金融を選んでしまいがちですが、お金が必要になるまでに1週間程度時間がある人は、ぜひオリックス銀行カードローンへ申込みするこ...

トップへ戻る