カードローン総量規制

総量規制とは?

カードローン総量規制とは?

総量規制とは、消費者金融やクレジット会社、信販会社などの貸金業者に課せられる貸付制限です。具体的には、貸金業者は貸金業法によって、年収の3分の1を超える貸付が禁止されています。仮に年収が300万円の人であれば、消費者金融会社が貸付できる範囲は1/3の100万円までとなるのです。

 

この年収3分の1の制限のことを総量規制と言います。

総量規制はいつから始まったのか?

総量規制は平成22年6月18日に貸金業法が完全施行となったことで始まりました。それより以前から総量規制は決まっていましたが、混乱を避けるために改正貸金業法は段階的に施行されており、総量規制は最終段階によって施行されたのです。

 

したがって平成22年6月より以前は総量規制は存在せず、融資するかしないかは貸付側の金融会社の審査に委ねられていました。

 

例え借金が多い人でも返済能力や清算能力があると審査で判断されれば10万円などの少額融資を受けることは過去には可能でしたが、総量規制実施後は法律によって問答無用で年収の3分の1までと線引きされてしまったのです。

総量規制の目的とは?

総量規制の目的は多重債務者を減らすことです。貸金業法が改正された原因の一つに多重債務者問題がありました。多重債務者によって自己破産が右肩上がりで増え続け、政府も無視できないような年間20万人超の人が自己破産していた過去があります。

 

多重債務者になる原因は借り手側だけの問題ではなく、貸付側の過剰貸し付けも原因の一因とされており、これによって、年収の3分の1までしか貸付できないように総量規制が作られたのです。

総量規制は銀行には関係が無い

総量規制は年収による貸付制限をする法律ですが、これはあくまで消費者金融やクレジット会社等の貸金業者に限った話です。総量規制とは貸金業法の法律の為、その制約を受けるのは貸金業者だけです。

 

銀行は貸金業者では無く、銀行法の法律があることで、総量規制は関係がない総量規制対象外となるのです。その為、消費者金融では年収の3分の1までしか借りることはできませんが、銀行であれば、総量規制が無いので年収3分の1以上でも借入することが可能となっています。

総量規制は緩和されるのか?

総量規制は多重債務者を減らす一方で低与信の人や中小零細企業の資金繰りを悪化させている一因いもなっているのは間違いありません。今まで消費者金融から借入できていた人は総量規制によって借入できなくなり、その結果消費が上がらないとも言われています。

 

自民党が政権交代した選挙の時に、公約として貸金業法の見直しを盛り込んでいました。2014年5月には自民党が上限金利を29.2%へ戻し、総量規制についても緩和することを検討しているとニュースで出たことで金融規制緩和が盛り上がりましたが、実際のところ金利・総量規制の緩和は難しい問題でもあります。

 

仮に29.2%に金利が戻ったとしも、消費者金融の大手は全て銀行系となっており、イメージを大事にする銀行が一旦金利を下げたものを再び29.2%に戻すのか?ということが考えられます。

 

中小の消費者金融であれば問題ありませんが、29.2%には一定基準をクリアした健全な消費者金融と言われていることから、上場会社や銀行系の消費者金融に限られる可能性が高いです。そのような問題も多々あることを忘れてはいけません。


ホーム RSS購読 サイトマップ