カードローン金利・即日融資比較ランキング

カードローン金利・即日融資比較ランキング!

カードローン金利・即日融資比較ランキング!

カードローンの金利と即日融資比較なら当サイトにお任せ!お金を借りる場合のキャッシング手段として今カードローンは非常に人気となっています。

 

その理由は銀行カードローンが参入したことで、より一層低金利化になったこと、そして消費者金融カードローンが得意な即日融資も可能となっている点で、すべての人が満足できるほどクオリティが高いことが理由として挙げられます。

 

カードローンを選ぶ場合の選考基準は、「金利」と「即日融資」が大半を占めています。金利が安く、申込み当日に借りれるカードローンが今主流となっているのです。

カードローン金利ランキング!

金利重視で選ぶのであれば、このランキングを参考にしてください。すべて公式サイトへリンクしていますので、安心してお申込みすることが可能です。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは業界最低水準の低金利となっており、金利は3.0%〜17.8%!下限金利3.0%はキャッシングカードローンの中でトップと言える低金利です。
そして限度額は最高800万円までと高額で、使途自由のカードローンで幅広く利用することが可能です。又、限度額300万円までなら収入証明書不要で借入でき、審査は最短即日審査!ローンカード発行後は即日融資も可能です。提携ATMも非常に多く、借入・返済はコンビニからいつでもOK!カードローン申込みの第一候補となる内容です。

金利 限度額 審査時間
3.0%〜17.8% 最高800万円 最短即日

プロミス

プロミスは金利(実質年率)4.5%〜17.8%で消費者金融の中ではトップの下限金利設定となっています。そしてプロミスなら低金利に加え、プロミスポイントサービス申込みで30日間無利息サービス有り!30日間無利息なら約1か月間の金利(利息)は0円で借りることが可能です!
特に1ヶ月〜2か月間などの短期利用の人であれば、低金利の銀行カードローンへ申込みするよりも、30日間無利息があるプロミスへ申込みした方が断然に利息は安くなります!カードローン金利で考えるなら無利息も含め検討することが重要なのです。

金利 限度額 審査時間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利4.9%〜14.5%の低金利!上限金利14.5%ですので、必ず借入金利は14.5%以下となる低金利カードローンです。
楽天銀行カードローンは総量規制対象外の為、年収3分の1の規制はありません!その為、収入が無い専業主婦でも融資可能としており、収入証明書は200万円までは不要でOK!限度額は最高500万円となっていることで、おまとめローンや借り換えローンにも利用が可能です。最短即日融資にも対応したおすすめ銀行カードローンです。

金利 限度額 審査時間
4.9%〜14.5% 最高500万円 最短即日

 

 

カードローン即日融資ランキング!

即日融資重視ならこのランキングを参考にしてください!カードローン即日融資は各社時間制限があります。各カードローンの即日融資条件をよく読み、申込みすることが重要です。

アコム

カードローン即日融資で選ぶならアコムがおすすめです。審査が最も早いとされる消費者金融カードローンの中でもアコムはトップのスピードを誇ります。
正式審査回答まで最短で30分!平日14時までに本人確認書類をアコムにFAXし、アコムが確認することで申込み当日に即日振込融資が可能となっています。14時に間に合わなくとも、インターネットから申込みしておけば、21:00まで無人契約機が受付しており、無人契約機へ来店することで即日カード発行、即日融資が可能となっています。即日融資No.1ならアコムです。

金利 限度額 審査時間
4.7%〜18.0% 最高500万円 最短30分

プロミス

プロミスは金利に続き、即日融資でもランクイン!プロミスは正式審査回答まで最短30分!平日14時までにWEB契約完了することで即日融資が可能です!
即日融資は消費者金融カードローンの独壇場と言っても良いほど、消費者金融のレベルは高いです。プロミスも平日14時までのWEB契約をクリアすれば、自分名義の銀行口座へ申込み当日に振込融資OK!プロミスポイントサービス申込みで30日間無利息サービスも合わせれば、金利・即日融資ともに満足できる内容となっています。

金利 限度額 審査時間
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短30分

モビット

三井住友銀行グループのモビットは抜群の知名度と安心感により、人気が高いカードローンです。金利は4.7%〜18.0%、限度額最高500万円とスペックは高く、PC・スマートフォンからWEB完結ができる為、電話連絡・郵便物は一切無く借入することが可能です!
モビットカードの発行もありませんので、カードローン借入を知られたくない人などは、モビットへの申込みがおすすめです。モビットは平日14:50までに振込手続き完了で即日融資が可能となっており、スピード審査・即日融資対応は上位のカードローンとなっています。

金利 限度額 審査時間
4.8%〜18.0% 最高500万円 最短30分

カードローン借入には総量規制を知っておく必要があります!

カードローンやキャッシングを借りる場合に影響してくるのは総量規制です。総量規制とは年収の3分の1を超える貸付を禁止とした貸金業法です。

 

その為、年収300万円の人は最大でも100万円までしか総量規制によって借りることはできません。しかし、この総量規制の対象となるのは貸金業者に限定されています。

総量規制の対象と対象外

総量規制の対象
※年収1/3までしか融資不可

消費者金融・クレジットカード、信販会社のキャッシング
(例:プロミス・アコム・モビット・セゾン・アプラスなど)

総量規制対象外
※年収1/3以上でも融資可能

銀行・信用金庫・労金・農協などの金融機関
(例:オリックス銀行カードローン・楽天銀行カードローンなど)

銀行カードローンは総量規制対象外!

年収3分の1しか借りられない総量規制は貸金業者限定です。消費者金融やクレジットカードのキャッシングは年収の1/3までしか借りることはできませんが、銀行融資であれば審査次第で年収3分の1以上借りることも可能となっています。

 

総量規制対象外でおすすめなのは、銀行カードローンです。銀行カードローンは年収による規制が無いだけでは無く、消費者金融に比べ低金利で、限度額も高くなっています。

 

そして借入限度額ごとに金利が予め設定されている場合がほとんどの為、自分が借りたい限度額の場合、金利はいくらなのか事前に分かった上で申込みできる利点があるのです。

 

低金利と高限度額によって、通常のフリーローンだけでは無く、消費者金融からのカードローン借り換えや、複数借入のおまとめローンとしても利用することができ、低金利で借り換え・おまとめすることで毎月の金利を大幅に引き下げることもできるのです。

総量規制には除外貸付と例外貸付があります

消費者金融やクレジット、信販会社は絶対に年収の3分の1以上借りられないか?と言えばそうでもありません。総量規制には除外貸付と例外貸付があり、その条件をクリアすれば消費者金融でも年収1/3以上貸付することは法律で認められています。

 

総量規制除外貸付は、高額なローンの場合に適用され、消費者金融などの貸金業者から住宅ローン資金の借入、自動車ローンの借入等は総量規制除外貸付として年収3分の1以上でも融資が可能です。

 

又、総量規制例外貸付は、借り換えローンやおまとめローンなどの低金利へ借り換えの場合に適用され、年収3分の1を超える金額でも低金利で有利になる借り換えであれば、消費者金融でも貸付はできるのです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ