カードローン金利・即日融資比較ランキング

カードローン金利・即日融資比較ランキング!

カードローン金利・即日融資比較ランキング!

カードローン比較ランキング!

カードローンの金利と即日融資比較なら当サイトにお任せ!お金を借りる場合のキャッシング手段として今カードローンは非常に人気となっています。

 

その理由は銀行カードローンが参入したことで、より一層低金利化になったこと、そして消費者金融カードローンが得意な即日融資も可能となっている点で、すべての人が満足できるほどクオリティが高いことが理由として挙げられます。

 

カードローンを選ぶ場合の選考基準は、「金利」と「即日融資」が大半を占めています。金利が安く、申込み当日に借りれるカードローンが今主流となっているのです。

即日の振込キャッシングを利用する方法は?

最近の消費者金融のカードローンは契約したその日に利用者の所有する銀行口座へ借入金を振り込む「振込キャッシング」に対応しています。

 

ただし、24時間いつでも振込キャッシングができるわけではなく、締め切り時間内に申込まないと翌日の振込になります。その日にお金が必要なのに、翌日に振り込まれても意味がありません。

 

なお、同じカードローンでも銀行カードローンは振込キャッシングができても自行の口座に限定されていたり、他行への振込ができても審査に日数が掛かっていたりするのが一般的です。

 

従って、その日の内に自分の所有する銀行口座に振り込んでもらいたい時には銀行カードローンは適しません。

 

ただし、レイクだけは銀行カードローンでありながら、消費者金融カードローンと同様なスペックになっているため、他行への即日振込キャッシングが可能です。

 

大手消費者金融における即日振込の締め切り時間はプロミスとモビットが14時50分、アコムは14時、ノーローンは他より早く12時30分となっています(レイクは14時)。

 

なお、アイフルは即日振込が可能ということだけで締め切り時間は不明のため、急いでいる場合は避けた方が無難です。ちなみに、銀行の取引時間の関係で、15時以降の即日振込の受付は不可能です。

 

ところで、締め切り時間というのはその時間までに契約の終えてあることが条件になります。振込キャッシングを申込むには当然、審査を受けなければなりませんし、契約手続きや、本人確認書類の提出の時間もあります。

 

従って、締め切り時間の間際に申し込んだのでは間に合わなくなる危険があるため、午前中に申込むのが賢明です。申込の受付自体は24時間可能なので、前日に申込んでおくのが最も確実です。

 

なお、消費者金融の中には銀行と提携しているところがあり、提携銀行の口座を借入金の振込先に指定すると、24時間365日いつの申込に対しても瞬時にお金を入金してもらえます。

 

例えば、アコムとノーローンは楽天銀行、プロミスは三井住友銀行とジャパンネット銀行が提携銀行となっているため、提携銀行に口座を持っている人は利用した方が時間を気にせずに借入ができます。

 

実は、締め切り時間に間に合うように審査が通っているのに、即日キャッシングを利用できなかったという人が稀にいます。それは、メールアドレスを間違えて入力したからです。

 

振込キャッシングの申込の手続きをするための会員ページへのログイン用パスワードなどはメールで連絡されます。メールアドレスは間違わないように、入力後の再確認が必要です。

消費者金融のスマホアプリの機能とは?

近年は老若男女を問わず、「スマホ」を所有している人が非常に多くなっています。通信性や機能性が格段に向上してきているため、パソコンよりも利便性の高くなっている面があります。

 

そこで、キャッシングを利用する際にもスマホから申込む人が急増していることから、消費者金融ではスマホ専用のアプリを提供するようになっています。

 

スマホ用アプリと言えばまず挙げられるのがアコムであり、業界で初めてスマホ用アプリを開発したのもアコムです。

 

スマホ用アプリの「アコムナビ」ではまず、契約申込用のアイコンをクリックするとキャッシングの契約申込用の画面に移り、また、「ログイン」のアイコンをクリックすると、振込キャッシングの申込や、インターネットからの振込返済の処理のできる会員専用サイトに入れます。

 

そして、キャッシングを利用する上で必要な知識となる契約の申込方法や、借入や返済などの利用方法をイラストを交えながらナビゲーターが分かりやすく説明するアイコンが付いています。

 

なお、初めてキャッシングをする人は毎月の返済金額や、いくらずつ返済すればいつ完済するのかなどが気になるものですが、アコムナビでは返済内容を確認するためのシミュレーションのできる「ローン計算」のアイコンが付いています。事前にシミュレーションを行っておけば、安心して借入ができます。

 

ところで、スマホには現在位置を知らせるGPS機能が付いていますが、その機能を利用して今いる場所から最も近くにあるアコムの店舗やATM、セブン銀行のATMがすぐに検索のできる「ATM検索」のアイコンもトップページに並んでいます。

 

それと、契約申込の時に必要となる本人証明書類の画像を送信することのできる「書類提出」のアイコンが付いています。アコムナビがあればパソコンの必要がありません。

 

プロミスのアプリもアコムナビとほとんど同じ機能が備わっており、スマホから何でもできるようになっています。

 

アイフルにもスマホ用アプリがありますが、他のアプリと違うのはトップページに「1秒診断」のアイコンが付いていることです。

 

スマホの1秒診断でもパソコンのものと同様に、簡単な項目を入力するだけで即座に融資が可能かどうかの診断結果が表示されます。

 

モビットのアプリの機能もほぼ他社のものと変わりはありませんが、キャッシングには関係ない機能として、モビットのCMキャラクターである竹中直人と夏菜を使った目覚まし時計の機能が付いています。

 

なお、消費者金融以外でもオリックスクレジットが同様な機能を持つスマホ用アプリを提供しています。

カードローン審査における必須事項である在籍確認とは?

消費者金融のホームページを見ると、「土・日曜、休日でも申込可能」、「審査結果は21時まで案内」などという文章が記載されています。

 

ただし、申込が可能だったり、審査を受け付けてもらえたりするからと言って、すぐに貸出をしてもらえるわけではありません。それは、在籍確認があるからです。

 

消費者金融や銀行などのカードローンに申込む際には、申込書に勤務先情報として「電話番号」を記入するようになっています。そして、業者は審査の一環として、勤務先に電話をして申込者が間違いなくその勤務先に勤めているのかを確認します。それが、在籍確認です。

 

カードローンというのは無担保・無保証人になっているため、業者にとって貸付金の回収の基盤となるのは利用者の収入しかありません。

 

従って、利用者が収入を得るための手段となる勤務先に勤めていることは貸付における絶対条件となります。そのため、業者にとって在籍確認は欠かすことのできない必須事項と言えます。

 

このことから、仮に審査をしてもらえたからと言って勤務先が休業などで在籍確認の取れない場合は、貸出をしてもらうことは不可能です。仮に、審査に通ってカードを発行してもらえたとしても、在籍確認が終わるまではATMから借り入れることはできません。

 

どうしても、その場で借入をしたい場合は、勤務先の営業時間中に申込むことが必要です。

 

なお、誤解している人が少なくありませんが、在籍確認は「在籍」の確認であって、「在席」の確認ではありません。在籍確認があるからと言って勤務先で電話の来るのを待つ必要はありません。

 

不在の場合は、電話を受けた人が「○○(申込者)は出かけており、おりません」と返事してもらえれば申告した勤務先に勤めている証になり、在籍確認が取れたことになります。

 

ちなみに、一昔前までは業者は勤務先に在籍確認の電話をする時に、架空の企業の名前を出したり、偽名を使ったりすることがありましたが、法律に抵触するため、現在では業者の担当者が自分の名前で掛けています。

 

ところで、最近は電話による在籍確認の代わりに、「健康保険証」と「給与支払明細書」を提出してもらうことで、勤務実態を確認しているカードローンがありますが、それは電話をしないだけであって、在籍確認は実施しています。在籍確認の無いカードローンなどあり得ません。

 

ちなみに、クレジットカードの中に電話による在籍確認を省くケースがありますが、それは、申込者が他社のカードを使用中であり、信用情報機関に登録されている勤務先の情報と申込書の内容が合致している場合に限られます。

カードローン審査における信用情報とは?

カードローンを利用していると、必ず「信用情報」という言葉を目にするようになります。信用情報というのは簡単に言うと、「利用者と金融業者の間における取引記録」のことです。

 

実は、借入や返済をする度に、その記録が利用者の信用情報に記載されます。また、一度記録された情報は絶対に消去されることが無く、情報の種類によって定められた期間、指定信用情報機関に保管されます。

 

指定信用情報機関は内閣総理大臣の指定を受けた民間の機関であり、加盟業者から登録された信用情報を一元的に管理し、加盟業者からの照会に応じて信用情報を提供することを主な業務としています。

 

現在、日本には日本信用情報機構(JICC)とシー・アイ・シー(CIC)という2つの指定信用情報機関があり、貸金業者は必ずどちらかの機関に加盟することが義務付けられています。

 

また、銀行業界には全国銀行個人信用情報センター(KSC)という独自の信用情報機関があり、3つの機関の間で信用情報の交流が図られています。

 

そして、指定信用情報機関に登録されている情報には以下のものがあり、最長保管期間が情報ごとに定められています。

本人特定のための情報‐契約継続期間

氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号など

 

契約内容に関する情報‐解約後5年

業者名、契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額など

 

返済状況に関する情報‐解約後5年

入金日、入金予定日、残高金額、完済日など

 

延滞情報‐延滞継続中、または延滞解消後1年

基本的に3ヶ月以上の滞納

 

返済事故に関する情報‐事故発生日から5年(債権譲渡は発生日から1年)

債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡など

 

契約申込に関する情報‐申込日から6ヵ月

本人特定情報、並びに申込先、申込日、申込商品など

 

ちなみに、貸金業者との契約は「包括契約」になっており、借入残高の有無に関わらず基本的に契約が継続されます。だからこそ、いつでも自由に借入を繰り返すことができます。

 

従って、契約が解除されない限り、信用情報は指定信用情報機関に保管されています。

 

現在でも貸金業者に対する「過払い金返還訴訟」が続いていますが、実はこの訴訟でも包括契約が大きく影響しています。

 

過払い金の返還請求権の消滅時効は法律で10年となっていますが、包括契約であるため、例え借入金の完済後10年が過ぎていたとしても、貸金業者との契約は継続されていることから、10年以上前の借入金に対する過払い金の返還を請求することができます。


トップへ戻る